カラコンとベースカーブ

度ありのカラコンを買う前に注意したい点は、度数だけではありません。

コンタクトレンズを付ける前には眼科に行って検査を受ける必要がありますが、度数を計るのと同時にベースカーブも見てもらうといいでしょう。

ベースカーブとは、コンタクトレンズのレンズの曲がり具合を示す数字のことで、人の顔を横から瞳を見たときに、目のカーブがゆるやかな人やきつい人などがいて、素人目には同じに見えますが実は個人差があります。

この一人一人の目の曲がり具合の数値をBCという記号で表記しています。

BCの数字にはどういう意味があるのかというと、数字が大きいほどカーブが緩くなり、数字が小さいほどカーブがきつくなるそうです。

度ありのカラコンにもそれぞれのBCが設定されているので、モデルさんが付けている写真だけを見てカラコンを選んでしまうと、自分に合わないベースカーブのレンズを付けることになってしまいます。

もし自分の目よりも小さすぎるカラコンを使ってしまった場合には、レンズが目にくっついて動かなくなり、涙がレンズと眼球の間に入らなくなるので、目が酸素不足に陥り、さらにはレンズの縁で眼球に圧力をかけてしまいます。

対照的に、レンズが大きすぎる場合には、レンズが上下左右にずれて固定されないので、コンタクトを付けているのに視力がきちんと矯正されないことがあります。

それで、自分に合わないカラコンを付けると眼病の原因になることがあるので、十分に注意しましょう。